折り紙が1枚あれば初心者でも簡単に作れる『オウム』の折り方!

futamaefutamae
折り紙

お家できれいな鳥を飼いたいけど、お世話が大変そう…という方のために、今回は折り紙が1枚あれば初心者でも簡単に作れる『オウム』の折り方をご紹介したいと思います。

くちばしの部分にも色が出るので、両面折り紙で作るのがおすすめです。

赤や緑、黄色など色鮮やかな羽が特徴なので、たくさん作ってお部屋の壁に飾ったりして楽しんでくださいね!

この記事の内容

準備するもの

  • 両面折り紙(15cm×15cm)1枚
    なければ裏が白色のふつうの折り紙でも大丈夫です。
  • ペン
  • ハサミ

折り方

  1. 折り紙のくちばし部分に出てほしい色を表にして置き、三角形になるように向かい合った角を合わせて谷折りしたら開きます。
  2. つけた折り筋を縦向きにして、左右の下側のふちを折り筋に合わせて谷折りします。
  3. 紙を裏返して、上のふちを左右の角を結ぶ直線で折り下げます。
  4. 紙を裏返して、上のふちが中心線に沿うようにそれぞれ谷折りし、開きます。
  5. 右側の手前側にある谷折りの折り筋を山折りに変えて中割り折りします。
  6. 中割り折りした重なった角の1枚を、ななめ下に向かっていっぱいのところで倒します。
  7. 左側も同様に手順⑤⑥を行います。
  8. 左右の斜め下に突き出た角を、中心からねじるようにして折り上げます。
    ・折り幅がすぐ上にある折り筋からふちまでの長さと、同じになるように調整します。
    ・また左右が同じ角度になるように、縦の中心線で半分に折って位置を確かめてください。
  9. 紙を裏返して、上にある正方形の左右の隙間から刃を入れ3cmほど切れ込みを入れます。
  10. 正方形の左右の角を縦の中心線に合わせて、真ん中くらいの位置で谷折りします。
  11. 下のななめのふちが縦の中心線に沿うように谷折りします。
  12. 紙全体を縦の中心線で山折りします。
  13. 右上のふちを色の境目を少し超えたところに合わせて谷折りします。
  14. 谷折りした部分を開いて中割り折りにします。
  15. 紙全体をふんわりと開き、中央にある浮いている角を山折りから谷折りに変えてつまみながら引っかかる位置まで持ち上げ、折り目をつけたら閉じます。
  16. 下に突き出た部分の隠れた折り筋の位置を指で探し、右の角をそのふちのあるところで谷折りし、開きます。
  17. 今付けた折り筋をすべて山折りに直したら右の角を内側に少し押し込んで、下に突き出た部分の位置を調整しながら折ります。
  18. 最後に顔を描いて形を整えたら『オウム』の完成です。
折り紙遊び
Howpon[ハウポン]

コメント