デニムリメイクで作るアクセサリー♡ベルト通しを使ったピアスの作り方

knock.02knock.02
ハンドメイド

デニムリメイクと聞くとカバンやポーチを想像する方が多いと思います。

丈夫で可愛いですが、厚い生地を切ったり、ミシンで縫ったりと作るのが少し大変ですよね。 

今回はベルト通しの部分使って、ミシンも使わずできる簡単なデニムリメイクアクセサリーの作り方をご紹介します。

必要な材料

  • デニムのベルト通し部分
  • はさみ
  • ワニカン2つ(ベルト通し部分の幅に合わせた大きさのもの)
  • 輪っかパーツ2つ
  • ビーズやチャーム
  • 金具(丸カンやピン、チェーンなど)
  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ
  • ピアス金具

ベルト通しに輪っかパーツを引っ掛けワニカンで留める

あらかじめデニムから糸切りなどでベルト通し部分を外し、端のほつれや形が気になる場合は、ハサミで切って整えておきます。

  1. ベルト通しを半分に折り曲げ、その間に輪っかパーツを引っ掛けます。
  2. ベルト通しの端をワニカンで挟み、平ヤットコでしっかりと閉じていきます。

    平ヤットコの場所を変えながら何回かに分けてゆっくりと閉じていくと、ズレも少なく綺麗に仕上がります。

  3. ワニカンの上下の面が平行になるように、最後にもう一度平ヤットコでしっかり押さえます。

輪っかパーツにビーズやチャームをつける

輪っかパーツに丸カンを付け、ビーズやチャームをお好みで取り付けます。

仕上げ

ピアス金具に出来上がったパーツを取り付けます。

向きや揺れ具合などを見ながら、好みで丸カンやチェーンを付けてもOKです。

デニム生地なので普段使いはもちろん、付けるチャームなどによって季節を問わず使えるアクセサリーになります。

ぜひ、デニムリメイクで要らなくなったデニムを、可愛いアクセサリーに変身させてみてください。

この記事のテーマに戻る
ワニカンを使ったピアス
ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント