本物のミモザで作るアクセサリー!黄色が可愛いミモザピアスの作り方

P子 P子
ハンドメイド

まるでハーバリウムを取り出したようなミモザピアスは、黄色が鮮やかでとても可愛いですね。

今回は、そんな春夏の装いにぴったりなミモザピアスを本物のミモザで作る方法をご紹介します。

必要な材料

まず、以下の材料と道具を用意してください。

  1. 材料
  • ミモザの花
  • UV/LEDレジン液
  • レジン液

    レジン液

  • ラメやホログラム(お好み)
  • 9ピン
  • 丸カン
  • ピアス金具
  • 道具
    • ゴム手袋
    • ピンセット
    • モールド
    • UV/LEDライト
    • UV-LEDライト

      UV-LEDライト

    • 竹ようじまたは爪楊枝
    • ハサミ
    • ニッパー
    • ヤットコ
  • モールドの形
    今回は四角いモールドを使い、キューブ型のピアスを作っていきます。

    丸い形でも基本的な作り方は変わりませんので、参考にしてください。

  • 四角のモールドにレジンを半分入れる

    1. レジン液を入れる
    2. 四角いモールドにレジン液を半分だけ入れます。

    3. ラメなどを入れる
    4. 竹ようじで、ラメやホログラムなどをお好みで入れていきます。

      あくまでもミモザを引き立たせるためなので、入れすぎないように注意しましょう。

    ミモザの実を配置する

    1. ミモザをカットする
    2. ミモザの花を、モールドに入るように小さくカットします。

    3. ミモザの実を配置する
    4. カットしたミモザの実の半分の量をレジン液の中に入れます。

    5. 硬化させる
    6. ここで、立体感を出すために一度レジン液を硬化させましょう。1分ほどライトに当てます。

    7. 残りのミモザの花を入れる
    8. レジン液を少しだけ足して、ミモザの花を入れます。

    残りのレジンをモールドいっぱいに入れる

    レジン液をモールドにいっぱい入れます。

    四角い形の場合、表面張力が出ず、平らになるように入れるのがポイントです。

    9ピンを適当な長さにカットして真ん中にさしながらライトで硬化させる

    1. 9ピンをカットする
    2. 9ピンを3~4mmほどの長さにカットします。

    3. 9ピンを持ちながらUVライトで硬化させる
    4. モールドいっぱいに入れたレジンに9ピンを刺し、ライトに数分入れて硬化させます。

      そのとき、9ピンをピンセットで持ちながらやるといいですよ。

    5. バリをとる
    6. モールドのフチだった部分にできたバリをハサミでカットします。

    金具を取り付ける

    9ピンの丸い部分に丸カンを使ってピアス金具をつけます。

    仕上げ

    光沢をつけるため、キューブの表面にはけで薄くレジン液を塗り、ライトで硬化させます。

    表面が何にも触れないように、9ピンの丸い部分をピンセットなどでつまみながら塗り、硬化させたら完成です。

    綺麗に作るコツは、レジンに気泡が入らないようにすることです。

    ゆっくりとモールドに入れます。できてしまった気泡は爪楊枝などで潰しましょう。

    ハンドメイド
    Howpon[ハウポン]

    コメント