オイルが透ける葉脈が神秘的な紫陽花を使ったハーバリウムの作り方

MaMarche編集部
ハンドメイド
kamikatsu.shop

紫陽花と言えば、ハーバリウムの代名詞のような存在。

一度は憧れの紫陽花のハーバリウムを作ってみたいと思った事もあるのではないでしょうか?

今回は初心者さんにも、オススメの紫陽花を使ったハーバリウムを作る際の知っておきたい工程をまとめてみました。

おすすめの紫陽花メーカー

アジサイ・ヘッド

アジサイ・ヘッド

楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなど、通販で購入することができます。

個人で作られている作品が購入できる、minne、Creemaなどのハンドメイドショップもオススメです。

大地農園の紫陽花は、ハーバリウム業界でも有名で色や大きさも豊富に取り揃えられていますので、いろんなバリエーションの作品に対応できますね。

紫陽花のカットの仕方


初心者の方は紫陽花の花びらだけを使うのがオススメです。

額の根本あたりを切ると良いです。1輪ずつ、丁寧に切り落としていきます。

紫陽花と他の花を組み合わせる


カスミ草はどんな花材にもよく合い、紫陽花にも勿論よく馴染みます。

また、軽い紫陽花はオイルに浮きやすいので、浮いてしまうのを防止するのにもカスミ草は最適です。

紫陽花と紫陽花の隙間を埋めるように、花びらを絡ませながら配置していくのがポイントです。

作り始める前に、作りたいテイストを決めておくとお花選びもスムーズに行うことができると思います。

『ボタニカル』『マリン』『和風』『クリスマス』など、様々なシーンに合わせてお花選びを楽しみましょう。

オイルを注ぐ


オイルを注ぐ際は、紫陽花など花材が傷まないように瓶の側面にオイルを沿わせるような感じでゆっくり行います。

空気が抜けるのを待って、蓋をすれば完成です。

数日経つと紫陽花にオイルが染み渡り、透け感がとても素敵に仕上がります。

コメント