100均のバック用持ち手と風呂敷で簡単にできる浴衣用バックの作り方

MIZUKIMIZUKI
ハンドメイド

夏になると、花火大会にお祭りと浴衣を着る機会も多くありますよね♪

そんな時、せっかく浴衣を着てお洒落したなら、かばんも和の装いにしたいですね!

今回は100均の持ち手を使って、とっても簡単な浴衣用バックの作り方をご紹介します。

風呂敷を結んでいくだけ!是非挑戦してみてください。

必要な材料

  • 風呂敷1枚
  • バック用持ち手

    今回はダイソーで購入しました。

風呂敷を中表にして持ち手を置く

外に見せたい柄が下になるように、風呂敷を中表にして置きます。

リバーシブルの風呂敷の場合は、どちらを外に見せたいか予め決めておきましょう。その中心に持ち手を置きます。

左右の角を持ち手に通す

手前側の左右の角を持ち手の中心にくるように折ります。

そして、そのまま持ち手に通しそれぞれを外側に引き抜きます。

手前に出来るたるみも持ち手に被せてください。

引きぬいた布を固結びする

引き抜いた風呂敷の先を、持ち手の手前に持っていき固結びします。

仕上げ

もう片方も同様に作業を行います。2つの持ち手を取り付けて、形を整えたら完成です。

必要のない時は、ほどいて風呂敷として利用できるのも嬉しいポイントです。

浴衣に合わせて可愛い和風バックを作ってみてはいかがですか?

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント