車で大活躍!100均手ぬぐいで作る吊り下げティッシュケースの作り方

azaz
ハンドメイド

車にあるティッシュ、どこに置いてありますか?邪魔にならず、誰でも手の届く場所がベストですよね。

吊り下げタイプのティッシュケースなら、ヘッドレストに引っかけておくことができます。

これなら前からでも後ろからでもサッと取れるので車で大活躍!

しかもこのティッシュケース、100均の手ぬぐい一枚で作れちゃうんです。

車だけでなく、お部屋用やアウトドア用にもオススメです。

今回は、吊り下げティッシュケースの作り方を紹介します。

必要な材料

  • 100均手ぬぐい 1枚

    ※今回は、セリアの95×35の手ぬぐいを使用します。

    ダイソーのものは同じサイズですが、違うサイズのものもありますが、横幅が30cm以上あればOKです。

  • ミシン
  • 場所をとらないハンドミシンもおすすめです!

  • はさみ
  • 定規
  • チャコペン

生地の裁断

  1. 生地を横長に置き、右側の端処理がしてある部分を切り落とします。

    (ごわつき防止)

  2. 本体部分が30~35×40、紐部分5×40で裁断します。

    ※本体部分は上下どちらかに端処理部分を入れて下さい。

    ※ティッシュの入れ口に、ボタンやマジックテープをつける場合は、本体の縦幅を大きめ(33~35)にしておくと良いです。

    ※紐部分は40cmとしましたが、好きな長さに調節してもらって構いません。

    ※端にジグザグミシンをかけておくと、ほつれ防止になりますよ。

上下を真ん中を開けて縫う

  1. 本体を端処理してある部分が上になるように置き、中表で半分に折ります。
  2. 合わせた端を縫い代1cmで下から8cm縫います。
  3. 間を15cm開けて、上部分も縫い代1cmで縫います。

ティッシュの取り出し口を縫う

  1. 3で縫った部分の縫い代を開き、縫っていない部分も縫い代1cmで折り目をつけます。
  2. 縫っていない部分の周囲をミシンで1周ぐるっと縫います。

  3. ティッシュの取り出し口の完成です。

底部分を縫う

  1. 筒状になった生地の真ん中を開き、取り出し口が中心になるように半分に折ります。
  2. 下を縫い代1cmで縫います。
  3. 下から4cmのところで上に折り上げ、折り目をつけます。
  4. 生地を立てて真ん中を開き、③でつけた折り目をもとに6cmのマチを作って線を引きます。

    (両端が三角形になるようにします。)

  5. 線を引いた部分にミシンをかけ、1cm残してカットします。

    (端にジグザグミシンをかけると、ほつれ防止になります。)

紐を縫う

紐用の生地を横半分に折り、合わせ口を1cmずつ中に折り込んで端から3~5mmのところを直線縫いします。

仕上げ

紐を本体に縫い付けます。

紐の両端を2~3cmずつ本体の端に縫い付けます。

2か所ずつ縫い付けておくと安心ですよ。

ティッシュの入れ口にマジックテープやボタンをつけるのもオススメです。

また、紐の片端は縫わないで、マジックテープやスナップボタンをつけるとティッシュケースのつけ外しが楽になりますよ。

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント