ワイヤーで枠を作って形も自由自在♪ワイヤーレジンピアスの作り方

P子P子
ハンドメイド

レジンピアスを作るとき、モールドや既成の枠を使うのが主流ですよね。

でもワイヤーがあれば、自由自在に好み形の枠が作れちゃうんです。

今回は、枠から作るワイヤーレジンピアスの作り方を紹介します。

ピアスだけでなく、ペンダントにもアレンジ可能な作り方なので、ぜひ覚えてみてください。

必要な材料

必要な材料と道具は次の通りです。

材料

  • UV/LEDレジン液…ハードタイプを使用します。
  • ワイヤー 0.8mm
  • マスキングテープ
  • ラメ、ホロ、グリッターなど
  • 丸カン
  • ピアス金具

道具

UVレジンの硬化時間について

UVレジンは紫外線に当てることで固まります。

UVライトを使った場合と太陽光に当てた場合では、硬化時間に違いがあります。

  • 太陽光(晴天時) 30分
  • 太陽光(曇天時) 1時間以上
  • UVライト(36w) 2~3分

このくらいを目安にしておきましょう。

ただ、太陽光に当てた場合、固めている間に外気のホコリが付いてしまうこともあります。

ホコリ対策にビニールなどで覆いをすることが難しい場合は、速乾性もあるUVライトをお勧めします。

ワイヤーでお好みの枠を作る(丸カン部分も)

  1. ワイヤーをカットする

    まず、15〜20cmほどにワイヤーをカットします。

  2. ワイヤーを好きな形にする

    丸型、ハート、葉っぱなど、ワイヤーを好きな形に曲げます。

    枠として使うので、レジンが流れ出ないよう、必ず輪っか上になるようにしましょう。

    片端は長めに残して、丸ヤットコでカンを作り、余った部分を首元に巻き付けます。



枠にレジンとラメを入れる

  1. マスキングテープで止める

    まず、広めのマスキングテープに先ほど作ったワイヤー枠を貼り付け固定します。

    ワイヤー枠内に隙間なくマスキングテープの面がくっついているか確認しましょう。

    細いテープだと隙間が開いたり、段ができる可能性があるので、太めのテープがおすすめです。

  2. レジン液を入れる

    レジン液を入れます。枠からはみ出さないよう、少しずつ様子を見て液を追加してください。

  3. ラメなどを入れる

    つまようじでラメやグリッターを入れ、自分なりのデザインにデコレーションします。

  4. 今回のように2層で作る場合は・・・
    ①枠の中にちょうどいい長さのワイヤーを当てはめ、1層目の枠を作ります。
    ②できた枠にレジンを流し込み、ラメ等を入れます。
    ③2層目となる部分にレジンを流し、ラメ等を入れて硬化します。

    1層ずつ硬化すると混ざる心配がないので、綺麗に仕上がりますよ。

UV/LEDライトで硬化する

マスキングテープを貼ったまま、ライトで約1分ほど硬化させます。

レジンでコーティングする

  1. マスキングテープを剥がす

    レジン液が固まったら、慎重にマスキングテープを剥がします。

  2. 表裏にレジンを塗る

    カン部分をヤットコで挟んで持ち、ハケで表面にレジン液を塗ります。
    同じよう裏面にも塗ります。

  3. UVライトで硬化する

    ライトに1分ほど当てて硬化します。

金具の取り付け

ピアス金具のカンを開き、ワイヤーパーツを通します。
必要であれば、丸カンを挟んで向きを調節して下さいね。

仕上げ

ピアス金具が外れないようしっかりと閉じたら完成です。


この記事のテーマに戻る
ワイヤーを使ったアクセサリー7選
ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント