革紐とターコイズを使ったカジュアルなみょうが結びピアスの作り方・結び方

azaz
ハンドメイド

近年、紐を結んで作るインテリアやアクセサリーが注目されています。

ロープを使って編むものから水引を使ったものまで、技法も数多くあります。

今回は、日本の伝統結びの1つであるみょうが結びの結び方を紹介します。

一般的には水引を用いて使われる技法ですが、アジアンノットの作り方なら革紐でも応用でき、印象ががらっと変わるんですよ。

今回は相性のいい革紐とターコイズを使った、カジュアルなみょうが結びピアスの作り方も紹介します。

必要な材料

  • 革紐
  • スエード調コード

    スエード調コード


    今回は、川村製紐株式会社さんの金天馬のもの(90cm)を使用します。
  • ターコイズビーズ
  • 丸カン 4~6つ
  • ピアスパーツ
  • 今回は、フックピアスを使用します。ピアスが付けられない方は、イヤリングを使って下さい。

  • はさみ
  • 接着剤
  • ヤットコ

革紐でみょうが結びを作る

<みょうが結びの作り方>

今回は、90cmの革紐を半分にカットして作ります。

※革紐が途中でねじれないように気を付けて下さいね。

  1. 革紐を持ち、先端を3~5cm程外側に折り返します。
  2. 革紐でしずく型を作ります。

    この時、用意したパーツがしずくの中に入るか確認して下さいね。(少し余裕を見て下さい。)

  3. 上部を2cm程開けて、革紐を先端の方からぐるっと後ろに巻き付けます。

  4. 1周巻き付けたら、革紐を手前にまわし、先ほど作ったしずくの内側に沿わせるように、もう一度しずく型を作っていきます。

    しずく型をした革紐は、くっつけてもいいですし、少し隙間が空くくらいに若干小さめにしてもかわいいですよ。

  5. ③で巻き付けた紐の下に沿わせて、同じように1周巻き付けます。

  6. ④~⑤を繰り返して、しずくを3~4重にします。

    しずくの中にパーツが入るか確認しながら進めて下さいね。

  7. しずくができたら、革紐をしずくの真ん中の穴に通します。

  8. 裏返して、先端を巻きつけた部分の下をくぐらせて上に出します。
  9. 三つ編み状になっている部分を始めに編んだ紐から順に1本ずつ絞めながら、形を整えます。
  10. 最後に三つ編み状の部分を押さえながら、紐を引っ張り上げたらみょうが結びの完成です。

みょうが結びの真ん中にパーツをつける

  1. 丸カンを広げて、パーツを通します。
  2. パーツを通した丸カンを、しずくの真ん中に付けます。

余分な紐をカットする

  1. 始めと終わりの飛び出た紐をギリギリのところでカットします。
  2. カットした部分がほどけないように、接着剤でとめます。


    (つまようじなどに出してから、塗るといいですよ。)

仕上げ

  1. 2~4を繰り返して、同じものをもう一つ作ります。

    大きさが揃うよう、先に作ったものに合わせながら進めて下さいね。

  2. 最後にピアスのフックを取り付けます。

    みょうが結びの頂点に丸カンを通します。

    次にピアスフックをつけますが、向きが合わないときは丸カンで調節して下さいね。

  3. 接着剤が完全に乾いたら完成です。
ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント