失敗しないハーバリウムの作り方。ガラス瓶の煮沸で殺菌消毒の方法

MaMarche編集部
ハンドメイド
www.amazon.co.jp

100均でだいたいの材料が揃えられる世の中であるとはいえ、きれいなハーバリウムを長い期間、楽しみたいですよね?

ひと手間と感じる花材やオイルを入れる前のガラス瓶の扱いひとつで、だいぶ変化します。

今回はハーバリウムを長期間楽しむためのひと手間の紹介です。

消毒をする理由


ハーバリウムの一番目を引くオイルが変色する時期を遅らせるためです。

ハーバリウムのオイルの変色や劣化は花材に付着していた埃やカビ、花材に残っていた水分からの腐敗が原因で起こります。

花材に注目してしまいましたが、これは瓶に埃やカビ、水分が残っていたとしても起りえます。

購入したばかりの瓶は見たところ汚れているようには見えませんが、意外や意外、汚れているものです。

そのまま使用してしまうと、オイルの変色が早まってしまいます。ですので、瓶を洗い、きっちり乾燥させ、除菌をすることが重要になるのです。

必要な材料

  1. ~洗浄のとき〜

    ・ハーバリウムの瓶

    ハーバリウムボトル

    ハーバリウムボトル

    ・洗剤

  2. ~煮沸殺菌のとき〜

    ・ハーバリウムの瓶

    ・瓶が入るくらいの鍋

    ・瓶が浸せられるくらいの水

洗浄する


洗剤をつけてハーバリウムの瓶を洗います。

洗剤が残らないようにしっかり濯いでください。

煮沸殺菌する


瓶を割らないために、水の状態から瓶を沸騰させます。

沸騰してから3~5分かけて煮沸殺菌します。

この時、花材を触るピンセットなども一緒に煮沸すると良いでしょう。

乾燥させる


生乾きの瓶だと、せっかく殺菌したはずの雑菌が発生しやすくなってしまいます。

時間を短縮させたい場合はドライヤーなどで乾かすのも一手です。

コメント