基本シュシュの作り方 直線縫いだけで出来るので初心者さんも簡単♪

azaz
ハンドメイド

ハンドメイドと聞くと、手間に感じたり、難しいイメージがあるかもしれませんね。

ヘアアイテムの定番であるシュシュなら簡単!

直線縫いさえできれば、初心者さんでも子どもでも簡単に作ることができます。

今回は、基本のシュシュの作り方を紹介します。使う布次第で、日常でもフォーマルなシーンでも活躍できるシュシュ。

いくつか作って、シーンに合わせて使い分けてみてもいいかもしれませんね。

必要な材料

  • 大人用  12cm×50cm(縫い代1cm込み)
  • 子ども用 8cm×30cm(縫い代1cm込み)

家に余っている端切れで構いません。布の大きさもだいたいでOKです。

ゴム

  • 大人用  20cm
  • 子ども用 15cm

使用するゴムは、平ゴム、ヘアゴムどちらでもOKです。

布をカットする

初めに布をカットしていきます。

だいたいの目安として、上に大きさを記載しましたが、布の大きさに特に決まりはありませんので、お手持ちの布で結構です。

お好みの仕上がり幅+2cm(縫い代分)でカットして下さい。

長さは、大人用で50~80cm、子ども用で30~50cmの間でお好みの長さにカットして下さい。

長い方がボリュームが出て、ゴージャスに見えます。

ミシンで縫う

  1. 布が横長になるように置き、左右の端を合わせて半分に折ります。

    この時、布が中表になるようにして下さい。

  2. 合わせた方の端を縫い代1cmで直線縫いします。布が筒状になります。
  3. ②で縫い合わせた部分が中央にくるようにして置き、縫い代を左右に割ります。
  4. 重なり合った布の表の1枚を、上下それぞれ、真ん中に向かってくるくると巻きます。
  5. 下に残っている布で、③で巻いた表側の布を包むようにして、上下を合わせて半分に折ります。
  6. 合わせた部分が右側になるようにして置きます。(口が開いている方が上になります。)
  7. 右端を縫い代1cmで直線縫いします。この時、くるくると巻いた中の布を一緒に縫ってしまわないように注意して下さい。
  8. 縫う部分が減ってきたら、下から中の布を引き出しながら縫っていきます。

    ミシンの奥で、外側の布を引っ張りながら引き出すと、簡単に引き出せます。

  9. 縫いはじめが見えてきたら、返し口を3cm残して縫い終えます。

布を裏返す

返し口から、布を表に返していきます。少しずつ優しく引っ張り出して下さい。

ゴムを通す

ゴム通しがない時は、ヘアピンでも代用できます。ゴムが通ったら、ゴムがほどけないよう、しっかりと結びます。

返し口をミシンで縫う

返し口は2枚合わせて綴じ、端をミシンで縫っていきます。

手縫いが得意な方は、コの字縫いやまつり縫いで綴じると仕上がりが綺麗です。


ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント