一枚布を折り畳むだけ!簡単ティッシュケース付き移動ポケットの作り方

MaMarche編集部
ハンドメイド

かわいい服が着たい!でもハンカチやティッシュを入れるポケットがない。

そんな時に便利なのが移動ポケットです。

実はこの移動ポケット、作るのは難しそうに見えますが、1枚の布を折り畳むだけで、簡単に作れちゃうんです。

両端を縫うだけなので、裁縫が苦手な方でも安心。

今回は、ティッシュケース付き移動ポケットの作り方を紹介します。

お子さんの好みの布で作ってみて下さいね。

必要な材料

出来上がりサイズ:10×13(通常のポケットティッシュも入ります)

  • お好きな生地
  • 綿テープやリボン  15cm
  • なければ、同じ生地で作ってもOK

  • バンドクリップ (今回は、川村製紐工業株式会社さんの金天馬のものを使用します)
  • バンドクリップ

    バンドクリップ

  • ミシン
  • はさみ
  • チャコペン
  • 定規

生地の裁断

  1. 生地を15×56でカットします。

    柄に上下のある布を使うときは、左側が上になるように使いましょう。

  2. 図のように採寸をし、線を引きます。

⇔のところには、表側に綿テープをつけます。背面とふたの表の境界から2㎝程のところに印をつけておきましょう。

生地を折りたたむ

  1. 先に綿テープをつけておきます。

    表側の2でつけた印のところに綿テープを置き、真ん中からそれぞれ3cmのところをミシンで縫い付けます。

    取れないよう、返し縫いしながら2~3回縫います。

  2. 2の図を見ながら、生地を折りたたみます。
    アイロンをかけて、しつけながら進めましょう。

    全部折りたたんだら、もう一度しっかりとアイロンをかけます。

    ※あとでサイドを縫うので大丈夫かとは思いますが、心配な方は、ティッシュの入れ口になる三つ折り部分を先に縫っておくと安心です。

  3. もう一度生地を開き、表を上にして置きます。

    右側から組み立てていきます。

    E(山折り)→F(谷折り)→A(山折り)→C(山折り)

    <横から見た図>

    ※先ほどしつけた折り目とは逆になるところもあります。

両サイドを縫う

  1. 両端から縫い代1cmで線を引いておきます。
  2. 線の上をミシンで縫っていきます。

    この時ティッシュの入れ口が重なったり、開きすぎてしまわないよう確認しましょう。

仕上げ

  1. 表に返します。
  2. バンドクリップをつけたら完成です。

子ども用の小さなポケットティッシュを使用する場合は、ティッシュの入れ口を2か所糸で留めておくと、落下防止になりますよ。

コメント