四つ編みで作る!簡単なのに凝って見える革紐ブレスレットの作り方

azaz
ハンドメイド

革紐ブレスレットと言えば、カジュアルなファッションにピッタリで、男女問わず人気な定番のアイテム。

編み目を見ると複雑で作るには難しそうに見えますが、実は簡単な平四つ編みで作れるんですよ。

編むというより通すだけ。材料も革紐さえあれば、特別なものは何もいりません。

編み方さえ覚えてしまえば、30分もあればできますよ♪

今回は、簡単なのに凝って見える革紐ブレスレットの作り方を紹介します。

必要な材料

  • 革紐   1m×2本
    スエード調コード

    スエード調コード


    今回は、川村製紐株式会社さんの金天馬のスエードコード(90㎝)を使用します。
  • はさみ
  • テープ

輪っかを作る

  1. 1本の革紐を半分に折り、真ん中にテープを通して机に留めます。

    この時、革紐の中心がテープの上に少し出るように貼り付けましょう。

    テープの手前にきている革紐が右側にくるよう、少しずらして折り曲げます。

  2. もう1本の革紐も半分に折り、中心を①の間に挟みます。

    頂点に合わせるのではなく、少し間を開けて輪っかを残しておきます。

    ※ここでできた輪が大きすぎると、ブレスレットの先端が抜けてしまいます。

    紐4本がちょうど通るぐらいの大きさにしておきましょう。

右側の紐を残りの紐に上から交互に通す

  1. テープが剥がれないよう、左手でテープを押さえます。

    1番右にある紐を持ち、隣の紐の上へ通します。

  2. 2本目の紐の下に通します。
  3. 3本目の紐の上に通します。
  4. 通した紐を左手の親指で押さえ、残りの3本を右手で持って左右に軽く引っ張ります。

    これで1段目の完成です。

右側の紐を残りの紐に下から交互に通す

  1. テープは押さえたまま、右端の紐を隣の紐の下に通します。
  2. 2本目の紐の上に通します。
  3. 3本目の下に通します。
  4. 通した紐を左手の親指で押さえながら、左右に引っ張ります。

手首の長さになるまで編んでいく

テープから手を離し、編み終わった部分を押さえながら、3と4を繰り返します。

手首1周分ぐらいの長さまで(少し短めでもいいです)編んでいきましょう。

基本的には、1番右の紐を上→下→上、下→上→下と交互になるように通していくだけです。

ポイント

・編み目の間に隙間ができないよう、絞めながら編みましょう。

・革紐がねじらないよう、表をむけて編んでいきましょう。

特に一番右側がねじれやすいです。その都度補正しながら編んでくださいね。

・ある程度の長さまで編めたら、テープは外してもOKです。

代わりにフックなどに引っかけて編むと編みやすいですよ。

・途中で分からなくなってしまった場合は、右側の紐が右から2本目の紐にクロスするように引っ掛けて編んでいきましょう。

仕上げ

  1. 編み終わったら、4本まとめてギュッと縛ります。

    編み終わりのすぐ下のあたりで結びましょう。

  2. 結んだ紐を編み始めの輪っかに通します。
  3. 残りの紐を長めに残して1本ずつ結び目を作ります。

    結び目の位置は揃えて下さい。

  4. 結び目の下でカットしたら完成です。

    チャームやコンチョをつけてもかわいいですよ♪
ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント