汚れに強い!防水効果もあるラミネート生地を使った移動ポケットの作り方

az az
ハンドメイド

ポケットのない洋服を着た時に大活躍の移動ポケット。

とっても便利なのですが、ハンカチを出す時、濡れた手で触るのでベタベタになったり、

濡れたハンカチをしまうので、服まで染みてしまったり、そんな経験ありませんか?

そこで今回は、ラミネート生地を使った移動ポケットの作り方を紹介します。

防水効果のあるラミネート生地なら、濡れる心配もないですし、汚れにも強いので、着けたまま外遊びをしたって平気ですよ!

必要な材料

  • ラミネート生地
  • バンドクリップ
    バンドクリップ

    バンドクリップ


    今回は川村製紐株式会社さんの金天馬のものを使用します。

    ダイソーやセリアなどの100均でも購入できますよ。

  • 綿テープ または リボン

    なければ、同じ生地(4×15)を四つ折りにして作っても可。

  • ミシン
  • はさみ
  • 定規
  • チャコペン

生地の裁断


今回は12×13の大きめサイズのものを作ります。

マチ付きなので、四つ折りにしたタオルハンカチもすっぽり入ります。

下記の図を見て裁断して下さい。

※生地の長さが足りないときは、適当なところで2つに分けて下さい。

その場合、分けたところの両サイドに縫い合わせる分の縫い代を1㎝ずつ足して下さい。

生地を折りたたむ

  1. 始めに両端の縫い代を折り返してミシンで縫っておきます。
  2. 生地の表を上にして置き、上の図を見て右端から☆のところまで順に折っていきます。

    マチの部分は中心で折ってM字になるように中に入れ込んで下さい。

  3. 今度は左端から★のところまで順に折ります。
  4. 両サイド折りたためたら、半分に折って重ねます。

    この時クリップやはさみで留めておくと良いです。

両サイドをミシンで縫う


生地の両サイドを1㎝のところで縫っていきます。

横から見て、ポケットティッシュ入れの口の部分が重ならないよう、綺麗に揃えて縫いましょう。

生地が分厚くなっているので、ミシンの速さは低速にして、ゆっくりと丁寧に縫ってください。

表に返す


開いているところに手を入れ、生地を表に返します。

一番奥から引っ張り出していくと簡単です。

全体を表に返したら、最後にポケットティッシュ入れの下の部分を表に返します。

仕上げ


バンドクリップをつけ、形を整えたら完成です。

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント