好きなカバーなら読書も進む?100均で手ぬぐいブックカバーの作り方

az az
ハンドメイド

本を持ち歩く時、カバンの中でページが折れ曲がってしまうことってありますよね。

また、しおりがなくてどこまで読んだか分からなくなってしまったり、、、。

そんな悩みを解決するブックカバーが、100均の手ぬぐいで簡単に作れちゃうんです。

柄の種類も豊富なので、自分の好みの柄のカバーなら普段読書をしない方でも読書が進むかもしれません。

今回は、ゴムベルト付きの手ぬぐいブックカバーの作り方を紹介します。

必要な材料

  • 手ぬぐい
  • 織ゴム
  • ミシン
  • はさみ
  • チャコペン
  • 定規

生地の裁断


作りたい本のサイズを測ります。

生地:(縦+2)×(横×2+厚み+12)

織ゴム:縦+2
 
サイズ変更自由なので、手帳カバーなどにも使えます。

※しっかりと作りたい方は、裁断後、ジグザグ縫いでほつれ止めをして下さい。

両端を縫う

生地の端処理をしていきます。

両端を5㎜中折りにし、端から2~3㎜のところを縫っていきます。

本を挟む部分を縫う

  1. 生地を裏返して、両端から5㎝山折りします。
  2. 折った部分の上下を縫います。


    まず片側を端から5㎜のところをミシンで縫っていきます。

  3. もう片方はゴムを挟んで縫います。


    ゴムの両端が1㎝ずつ出るように挟みます。

仕上げ

  1. ポケットになっている部分を表に返して、形を整えます。
  2. ポケット部分の縫い代に合わせて、上下を返し、ミシンで縫ったら完成です。

持ち運ぶときには、本をベルトで挟み、読みかけの本には、しおり代わりにバンドで留めて使って下さいね。


ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント