レジンを使って簡単♪ヘアゴム用台座を使ったビジューヘアゴムの作り方

P子P子
ハンドメイド

宝石箱から取り出したような豪華なビジューヘアゴム。

ちょっとしたお出かけにも、フォーマルな場にも使えて、アクセサリーショップで人気なおしゃれアイテムです。

それが実は、ビジューやパールを乗せていくだけなので、ハンドメイド初心者でも簡単にできます。

今回は素敵なビジューヘアゴムを簡単に作る方法をご紹介していきます。

必要な材料

まず、必要な材料と道具は以下の通りです。

  1. 材料
  • ビジュー(パールやストーンなど)
  • ラメやグリッター(お好みで)
  • ミール皿付きヘアゴム
  • UV/LEDレジン液
  • レジン液

    レジン液

  • 道具
    • ゴム手袋
    • ピンセット
    • UV/LEDライト
    • UV-LEDライト

      UV-LEDライト

    • 竹ようじまたは爪楊枝

    手にレジン液が付いてしまうとアレルギーなどの症状が出る方もいるので、必ずゴム手袋はしてください。

    皿にレジン液を入れる

    1. レジン液を入れる

    2. ミール皿付きヘアゴムの皿にレジン液を適量入れます。

    3. 液を均一にする

    4. 皿の中の液が均一になるように、竹ようじで薄く、広く伸ばしていきましょう。

    皿にビジューを配置していく

    1. 皿にビジューを配置する

    2. ビジューをピンセットでつまんで、皿を配置していきます。

      大小ランダムに配置するとキラキラした感じがします。

      納得のいく配置になるまで、竹ようじでビジューを移動させましょう。

    3. 小さいパールなどを配置する

    4. 出来るだけ、台座の底が見えないよう、ビジューを隙間なく配置していきます。

      大まかにビジューを配置した後の隙間に、小さなパールやストーンなどを入れていきます。

    5. UV/LEDレジン液のメリット
    6. レジン液の場合、ライトを当てない限り固まらないので、配置してからも位置を変えられます。

      接着剤の場合は硬化時間の短いものだとやり直しが効かない上、固まってからもビジューが剥がれる恐れがあります。

    UV/LEDライトで硬化させる

    1. UVライトに当てる

    2. ライトに当てて、硬化させます。標準的な大きさのミール皿付きヘアゴムの場合、約1分ほどで完全に硬化します。

    3. より立体感を出す

    4. さらにレジン液をつけて、パールやストーンで残りの隙間を埋めます。また、立体感を出すために、他のビジューに乗せるようにパールを配置しても良いでしょう。再度、ライトを1分ほど当てて硬化させます。

    仕上げ

    仕上げに表面にグリッターをつけていきます。

    1. レジン液を少量だけ使う。
    2. レジン液をビニールシートなどに少量出し、竹ようじにつけるようにして使っていきます。

    3. グリッターをつけていく
    4. 竹ようじについたレジン液をグリッターでキラキラさせたい場所に付けます。

      それから、同じ竹ようじで、グリッターの粒をすくい取って付けていきます。

      数カ所ランダムにつけたら、ライトで硬化させて完成です。

    完成までの所要時間はおよそ15分ほどになります。

    手袋をすれば手も汚れないので、家事や育児の合間にお手軽な趣味としてもぴったりです。

    ぜひチャレンジしてみてください。

    ハンドメイド
    Howpon[ハウポン]

    コメント