お正月のしめ縄をおしゃれに!ドライフラワーで今風のしめ縄の作り方

P子P子
ハンドメイド

お正月のしめ縄を、人とは違うおしゃれなものにしたい。

1年の初めに飾るものだからこそこだわってみたいですよね。

伝統的な装飾に加えてドライフラワーを飾ってみると、個性的でおしゃれなしめ縄に仕上がります。

今回は、ドライフラワーを使った今風のしめ縄の作り方をご紹介します。

必要な材料

  1. 材料

年末年始のシーズンなら、しめ縄の土台はショッピングモールや東急ハンズなどで手に入れることができます。

和風なデザインにしたい方は、水引などをお好みで使ってみてください。

  • 道具
    • グルーガンまたは接着剤
    • ハサミ
  • おすすめのドライフラワー
  • こだわりのある方は自分でドライフラワーを作るのも良いですが100均や通販で購入もできます。

    お正月の飾りなので、南天や松ぼっくりなど縁起物に、ラベンダーやカスミソウなどを合わせてみるとおしゃれで今風です。

    ドライフラワーの配置を考える

    1. ドライフラワーを置いてみる
    2. まず、ドライフラワーを土台のしめ縄に置いて、レイアウトを考えてみてください。

      土台から飛び出てしまう茎などははさみでカットしていきます。

      レイアウトを忘れないために、配置をスマホで撮影しておくなどしましょう。

    3. フローラルテープでまとめる
    4. 細長いものや細かい花は、フローラルテープでくくってまとめておきます。

      グルーガンで土台に付ける

      1. 花材を小分けにする
      2. グルーガンでつける花材を適当な大きさにカットしておきます。

      3. 花材をグルーガンでつける
      4. 考えたレイアウト通りに花材を土台に付けていきます。

        接着剤やグルーは花材に付けてください。

        木の実などを補強するには、飾りと土台の隙間にグルーガンで注入するといいですよ。

      仕上げ

      接着剤が乾いたら完成です。

      今回はお正月のしめ縄飾りでしたが、クリスマスのリース作りにも応用できます。

      土台に花材を思い思いに付けて、自分だけのマイ飾りを作ってみてください。

    ハンドメイド
    Howpon[ハウポン]

    コメント