透け感がおしゃれ♡レジンとマニキュアでワイヤーヘアピンの作り方

azaz
ハンドメイド

皆さんは、マニキュアフラワーって聞いたことありますか?

ワイヤーとマニキュアでできるマニキュアフラワーは、今、SNSでも話題になっています。

使わなかったり、残り少なくなったマニキュアでできるので、一石二鳥!

ガラスのような透け感がおしゃれで、アレンジ方法もいろいろ♪

今回は、レジンとマニキュアを使ったワイヤーヘアピンの作り方を紹介します。

必要な材料

ワイヤーで花びらの形を作る

  1. ペンにワイヤーを巻き付け、根元でワイヤーを二回ひねります。

    (この時巻き始めは長めに残しておきましょう。)

    これが1枚の花びらになります。

  2. ひねった部分を横に倒し、もう一度ペンにワイヤーを巻き付け

    巻き始めのワイヤーと一緒に根元をひねります。

  3. これを花びらの枚数分繰り返します。

花びらを開いて花の形を作る

  1. ペンからワイヤーを外します。
  2. 残りのワイヤーを下に倒して、花びらとの角度が直角になるようにします。

    ワイヤーは10cmほど残してカットしておきましょう。/li>

  3. 花びらをスライドさせながら、お花の形に整えていきます。

マニキュアをつけて膜を張りレジンで固める

  1. 花びらの一つひとつにマニキュアを塗り、膜を張ります。

    この時、ワイヤーを発砲スチロールやスポンジなどに刺して、立てておくと塗りやすいですよ。

    ※花びらがマニキュアの刷毛よりも大きいと、膜がうまく張れないことがあります。

    初めて作るときは、花びらの形を潰したり、小さな花びらにしておくと作りやすいですよ。

    ※マニキュアの粘度が低いと膜が張れないので、古いマニキュアなどは、一度温めて、粘度を高くしておきましょう。

  2. マニキュアが乾いたら、レジンを塗り重ねます。
  3. UVライトで照射し、硬化させます。

    硬化時間については、使用するレジンの説明書きを参考にして下さい。

    ※マニキュアやレジンを2度塗りすると、膜に強度がつきますよ。

ヘアピン金具にレジンで接着する

  1. 残ったワイヤーをニッパーでカットします。

    この時ひねった部分は残してカットして下さいね。

  2. ヘアピンの台座にレジンを塗り、お花をのせます。
  3. UVライトで硬化させます。

仕上げ

レジンが完全に硬化したら、完成です。

ペンなどを使って、花びらに角度をつけてもかわいいですよ。

華やかにしたい場合は、花びらにレジンでパールやラインストーンをつけたりして

アレンジして下さいね。

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント