ドライフラワーを耳元に♡今話題のガラスドームハーバリウムの作り方

azaz
ハンドメイド

ハーバリウムが浸透し、今ではアレンジされたものも出回っていますね。

ハーバリウムの進化系の中でも注目度が高まっているのが、ガラスドームハーバリウムです。

アクセサリー加工し、オイルに浸されてみずみずしく輝くドライフラワーが耳元で味わえるなんて素敵ですね。

本来は観賞用として楽しむハーバリウムが、耳元でゆらゆらと揺れる姿はとてもオシャレですよ。

今回は、今話題のガラスドームハーバリウムの作り方を紹介します。

必要な材料

  • ガラスドーム
  • 花材(ドライフラワー)
  • メラニンスポンジ
  • ハーバリウム液
  • アクセサリー金具
  • ピアスフック または カン付きイヤリングパーツ
  • 丸カン
  • 接着材

ガラスドームに素材を入れる

  1. ガラスドームを固定する

  2. 十字にカットしたメラニンスポンジに、ガラスドームを固定します。

    家にスポンジがない場合は、底にテープを貼ったり、練り消しなどで机に固定しても作りやすいですよ。

  3. ガラスドームの中にピンセットで素材を入れる

  4. ピンセットを使用して、ガラスドームの中に花材を配置していきましょう。

    花材を入れる時は、花材の向きも意識して入れましょう。

ハーバリウム液を入れる


ガラスドームにハーバリウム液をゆっくりと注ぎます。

ガラスドームの9分目位まで入れましょう。

入れ口が小さいので、スポイトを使用することをオススメします。

気泡ができてしまった場合は、潰すかすくうなどして取り除いて下さい。

※この時、ガラスドームの入れ口付近にオイルがつかないよう、注意して下さい。
 オイルがついてしまうと、蓋をする時に接着剤がくっつかなくなります。

キャップを接着する


キャップの縁につまようじで接着剤を塗り、キャップを接着していきます。

なお、レジンを使って接着すると硬化の際、熱をもちカラスドームが割れる可能性があります。


蓋が取れてしまわないようにしっかりと接着して下さい。

金具を取り付ける


丸カンを使って、ガラスドームとピアス(イヤリング)金具をつなぎます。

仕上げ


ガラスドームの側面にオイルがついていないか確認し、綺麗に拭き取ったら完成です。

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント