リメイクが可愛い♡ヴィンテージボタンの2wayイヤリングの作り方

P子 P子
ハンドメイド

ヴィンテージ風のアクセサリーは一つは持っておきたいアイテムですが、買おうとするとお値段が気になってしまいます。

ですが、手持ちのものをリメイクするだけで、とてもリーズナブルに作ることができるのです。

今回はボタンをリメイクして2wayで使えるイヤリングの作り方をご紹介します。

必要な材料


必要な材料は次の通りです。

  1. 材料
  • ヴィンテージ風のボタン
  • リングパーツ
  • 丸カン
  • イヤリング金具(丸皿)
  • 接着剤
  • 工具
    • ニッパー
    • 平ヤットコ
    • 丸ヤットコ

    ボタンやリングパーツは、こわれたアクセサリーなどから再利用できるから、とても経済的ですね。

    ボタン足の処理

    ボタンの裏についている足はイヤリングにするには邪魔になってしまいます。

    足の種類にもよりますが、二つの処理の方法があります。

    1. 足をニッパーとヤスリで取り除く方法
    2. 足を取り除く方法は以下のようになります。

    • ニッパーで裏側の足を切る
    • 残った部分をヤスリで削る
    • 裏面が平らになるまで、削っていく。

    ヤスリは最初は粗いもので削り、最後は細かいもので調整してください。

    マスキングテープで足の残り部分以外を覆うとヤスリで傷がつく心配がありません。

  • 足にフェルトをかぶせる方法
  • 足の段差の分だけフェルトを重ねて、裏を平らにします。

    ニッパーなど力のいる道具を使わない分、こちらの方が初心者の方に向いているかもしれません。

    手順は以下です。

    • フェルト生地をボタンより数ミリ小さいサイズに切る(形は六角形がいいです)
    • それを数枚作る
    • フェルト生地を半分に折り折り目を切り、真ん中に縦に切れ込みを入れる
    • 切れ込みに足を通して、接着剤でフェルトをつける。
    • 接着剤でフェルトを重ねていく。

    足が隠れるくらい、フェルトが厚くなったら処理の完了です。

    金具の接着


    接着剤もしくはUVレジン液をボタンの裏につけます。

    イヤリング部分にパーツをぶら下げる

    1. リング部分を作る
    2. ボタンイヤリングの接着剤を乾かしている間に、取り外しのできるリングパーツの部分を作ります。

    3. リング部分に飾りをつける

    4. ボタンやすかしパーツなど、お好みのパーツを丸カンなどでつなげます。

    5. パーツをぶら下げる

    6. イヤリングの輪になっている部分にリングパーツを通します。

    仕上げ

    ボタンイヤリング部分とリングパーツ部分のバランスをみながら、リングパーツの飾りを調節したら完成です。

    ポイントはボタン足の処理を丁寧に行うことと、イヤリングと取り外しできるパーツ部分のバランスです。

    その日のファッションに合わせて、2wayイヤリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

    ハンドメイド
    Howpon[ハウポン]

    コメント