子供の成長に合わせて調節したい♪ジャージを切らない裾上げの仕方・縫い方

azaz
ハンドメイド

子どもの成長は早いもの。

その時ちょうどいいサイズを買っても、次のシーズンにはもう着られないこともしばしば。

そのため少し大きめのサイズの服を選ぶ方も多いと思います。

特に園や学校で使う制服やジャージは、長く着られるよう先を見て買いますよね。

でも上の服なら手首を折り曲げればいいですが、ズボンとなると裾直しが必要・・・

裾直しをするにも子供の成長に合わせて調節したいので、裾はカットせずに直したい!

そこで今回は、ジャージを切らない裾上げの仕方・縫い方を紹介します。

必要な材料

  • ジャージ
  • 糸・・・(ジャージの生地に近い色)
  • まち針
  • はさみ

裾上げする位置を決める

  1. 裾上げをする位置を決めます。

    実際に履いたりして、床に擦らないぐらいに折り上げておきます。

    折り上げた分の裾の長さを測ります。

  2. ジャージを裏返し、先ほど測った長さ分、裾を折り上げます。

    折り上げたらまち針で留めておきます。

裏から針を刺して出し、奥の生地をすくう

<まつり縫いの縫い方>
☆一般的な、ななめに縫っていくまつり縫い

  1. 針に糸を通し、糸先を玉結びしておきます。
  2. 折り上げた方の生地の裏から針を出します。

    ここで玉留めをしておくと、糸が抜けにくくなります。

  3. 次に後ろの生地をすくいます。糸が出ている箇所の真上で、折り上げた生地すれすれのところを少しだけすくいます。

    折り上げた生地と平行になるようにすくうのがコツです。

    表から見た時に縫い目が見えないようにしたい時は、生地をすくう時に裏まで針を突き出さずにすくうといいですよ。

    ※この時、すくう糸を平行にでなく、垂直になるよう(縫い目が縦になるよう)に縫っていくのがたてまつり縫いです。

    普通のまつり縫いよりも強度がある縫い方なので、頑丈に縫っておきたい方、使用する頻度が高い服にはオススメです。

まつり縫いで一周縫う

最初に針を刺した時同様、折り上げた生地の裏から針を出します。

この間隔を狭く細かくすることで、頑丈さが増しますよ。

縫うときに糸をあまり引っ張らないように注意して下さいね。

強く引っ張ると、しわが寄ったり、裾が絞れてしまう原因になります。

仕上げ

一周縫ったら玉留めし、糸を切ります。

ジャージを表に返したら、完成です。

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント