切るところから分かる!今季注目のマラボーファーピアスの作り方

azaz
ハンドメイド

秋冬シーズンになると、フェザーやファーなどのフワフワとしたアクセサリーをよく見かけるようになりますが、今季注目を浴びているのがマラボーファー。

ドレスや着物の飾りにも使用されていますが、毛が抜けやすく、カットしてアクセサリーに使用するとなると躊躇するところも・・・

今回は、切るところから分かるマラボーファーピアスの作り方を紹介します。

必要な材料

  • マラボーファー
  • コンチョ または カボション
  • ワニカン
  • 丸カン
  • ピアス金具
  • はさみ
  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ
  • 接着剤
  • レジン
  • UVライト

コンチョにピアス金具をつける

  1. ピアス金具に接着剤をつけ、コンチョの裏側に貼り付けます。
  2. 接着剤が乾いたら、上からレジンでコーティングしていきます。

※接着剤を乾かしている間に、3・4の工程を進めておくといいですよ。

マラボーファーをカットする

マラボーファーを両手で持ち、カットしたい位置を決めて、ファーを左右に分けます。

なるべくファーを巻きこまないように気を付けながらカットします。

マラボーファーの端をワニカンで挟む

抜けるファーは抜き取っておきます。

ファーを下に寄せ、ヤットコを使って先端をワニカンで挟みます。
  

☆使用するファーが細い時

作りたい大きさ×2の長さでカットし、先端を合わせてわにした状態でワニカンで挟みます。

☆抜け毛が気になる時

  1. セロハンテープをワニカンの縦の幅に合わせてカットし、ファーの先に巻き付けてからワニカンで挟みます。
  2. 先端を糸でぐるぐると巻き付けて縛ってからワニカンで挟みます。
  3. 先端に接着剤を薄く塗り、ほつれ留めしてからワニカンで挟みます。

コンチョとマラボーファーを繋げる


丸カンをヤットコで開き、コンチョとマラボーファーを通してとじます。

今回は、2WAYにするので、ピアスのキャッチと繋ぎます。

仕上げ

ファーの毛並みを整えたら完成です。

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント