はぎれを活用♪ミシンを使ったパッチワークコースターの縫い方・作り方

azaz
ハンドメイド

ハンドメイドあるあるの一つ、「何かに使えると思ってとってあるはぎれ」、おうちにありませんか?

そんなはぎれを活用して、オシャレなコースターを作りませんか?

大小様々なはぎれもランダムにパッチワークしていくとおしゃれな生地に早変わり☆

柄の組み合わせを気にしなくても、意外とオシャレに仕上がるんですよ。

今回は、ミシンを使ったパッチワークコースターの縫い方・作り方を紹介します。

必要な材料

  • はぎれ
  • ミシン(糸)
  • はさみ
  • 定規
  • チャコペン

はぎれを縫い合わせていく

はぎれをつなぎ合わせて、1枚の布にしていきます。

はぎれの大きさは、大小様々で構いませんが、使用する部分は直角に整えておいてください。

  1. つなぎ合わせたい生地の端を揃えて中表に合わせます。
  2. 端から1cmのところをミシンで直線縫いします。

    他の生地と縫い合わせるため、上下1cmあけておいて下さいね。

  3. 同じ要領で、次の生地を中表に合わせて縫い合わせていきます。

    縫い合わせていく部分が平行になるよう意識して下さいね。

すべて同じ大きさの布でパッチワークする場合・・・

  1. まずは縦に布を繋げていきます。布の上下を縫い代1cmで縫い合わせて下さい。
  2. 次は横を縫い合わせます。

    ①と同じ枚数分繋げた生地を中表に合わせます。縫い合わせた部分が重なるように合わせましょう。

  3. 縫い代を開きながら、端を縫い代1cmで縫い合わせます。

裏地をカットする


裏地を作りたいコースターの大きさ(8~10cm)+2cmでカットします。

今回は、裏地は1枚布を使用しますが、裏地もパッチワークしたものにしても素敵ですよ。

中表に合わせ、返し口を残して周りを1周縫う

  1. パッチワークした生地のうち、コースターとして使いたい部分を決めておきます。そこに裏地を中表で合わせて置きます。
  2. 裏地の端から1cmのところを1周縫っていきます。

    返し口を残すことを忘れないようにしましょう。

表地を裏地に合わせてカットし、端処理をする

  1. 表地を裏地の大きさに合わせてカットしていきます。
  2. 返し口を残して、周りをジグザグ縫いでほつれ留めしていきます。
  3. 返した時に角がもたつかないよう、四隅をカットしておきます。

仕上げ

  1. 返し口から表に返します。四隅ははさみの先などを使って整えていくといいですよ。
  2. 返し口部分を1cm中に折り込み、端から3~5mmのところにステッチをかけ、返し口も一緒にとじます。形を整えたら完成です。

お好みでタグやレースをつけてみてもかわいいですよ♡

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント