ワイヤーとパールを使ったリボンピアス♡ワイヤーの結び方・作り方

knock.02knock.02
ハンドメイド

華奢な印象のワイヤーアクセサリー♡

今回はワイヤーとパールを使ったリボンピアスの結び方・作り方をご紹介します。

必要な材料

  • アーティスティックワイヤー
  • ニッパー
  • 丸ヤットコ
  • 平ヤットコ
  • パール
  • 丸カン
  • ピアス金具

ヤットコを使ってワイヤーの形を作る

  1. アーティスティックワイヤーを15㎝程度にニッパーでカットしておきます。

    アーティスティックワイヤーの太さは0.6〜0.8㎜が曲げやすく、初めてワイヤーを使う方でも扱いやすい太さです。

  2. ワイヤーの端から3分の1の所を丸ヤットコのカーブを使って丸め、リボンの輪を作ります。
    反対の端も同じ様に輪を作り、リボンの大まかな形を作っていきます。
  3. リボンの輪の大きさと左右のバランスを見ながら、ワイヤーの真ん中にリボンの先となるワイヤーを巻き付けます。反対のワイヤーも真ん中に巻き付けてください。
  4. 巻き付けた部分を平ヤットコを使ってしっかりと押さえ、締めていきます。

リボンの先にパールを入れて先を丸める

リボンの先が同じ長さになる様に、ニッパーでカットして揃えておきます。

リボンの先にパールを入れて、丸ヤットコを使って先を丸めます。

反対の先も同じ様に丸めてください。

金具の取り付け

リボンの輪の部分に丸カンを取り付け、ピアス金具と繋げます。

繋げたら、丸カンを平ヤットコでしっかりと閉じておきます。

仕上げ

ワイヤーリボンの歪みなど形を整えたら完成です。

ワイヤーの太さやリボンの大きさでも印象は変わりますが、華奢で派手すぎないのがワイヤーアクセサリーの良い所です♡

ワイヤーは何度もやり直しができるので、難しそうと思っている方もぜひ挑戦してみてくださいね。

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント