水引とパールで作る着物にもピッタリな梅結びヘアアクセサリーの作り方・結び方

azaz
ハンドメイド

もうすぐ七五三。今まさに計画している女の子のママたち必見!

お子さんの一大イベントに手作りのヘアアクセサリーを添えてみませんか?

水引を使うので、着物にもピッタリ!!結び方さえ覚えれば、どんな髪型にも使えます。

シンプルに一つつけても良し!大小様々なお花を頭に散りばめても良し!

大きめの金具に寄せて貼り付け、より華やかに仕上げても良し!

今回は、水引とパールで作る梅結びヘアアクセサリーの作り方・結び方を紹介します。

必要な材料

  • 水引・・・3本
  • ヘアピンなどの金具(ヘアクリップ・バレッタ・Uピンなど)
  • 接着剤
  • はさみ
  • お好みで装飾パーツ

水引をならす

水引を3本束ねて、指でならしておきます。

水引を好みの順に並べます。

並びは、この後の工程で崩れないよう、注意して編みましょう。

あわじ結びを作る

  1. 両手で水引の両端を持ち、右手が上にくるようにして、しずく型を作ります。
  2. 左側に出ている端を上から回して輪を作り、①の輪に重ねます。
  3. ①と②の重なっている部分を指で押さえ、もう片方の端を持ち、上から順に上下交互にくぐらせていきます。
  4. 中央の輪から少しずつしめて、あわじ結びを整えます。

左端を中央の穴に通す

水引の左端をお花の真ん中にある穴に上から通します。

右端を4の輪に通す

  1. 水引の右端を4の輪に通します。
  2. 少しずつ一つひとつの輪を絞めながら、お花のバランスを整えていきます。

    大きさもここで調整して下さいね。

端処理をする

裏返して適当なところに爪楊枝などで接着剤を塗り、端を貼り付けます。

乾いたら余分な部分をカットします。

ヘアピンに梅結びを接着する

完成した梅結びをヘアピンに接着します。

デザインをイメージしてから貼り付けましょう。
 

仕上げ

お好みでパールなどを装飾し、接着剤が完全に乾いたら完成です。

Uピンなどに通して使っても使いやすいですよ♪

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント