和装に合う♪水引を使ったあわじ結びの結び方とアレンジアクセサリーの作り方

azaz
ハンドメイド

水引と聞くと、封筒の装飾品というイメージが強いですが、ピアス・イヤリング・ヘアアクセサリーとしても取り入れることができるんです。

水引を使ったアクセサリーなら和装にも合うので、冠婚葬祭や七五三にもオススメ。

結び方の種類も豊富なので、アレンジも楽しめますよ。

今回は、お祝い事にピッタリな水引の基本・あわじ結びの結び方とアレンジアクセサリーの作り方も紹介します。

必要な材料

水引を3本束ねてならす

水引を3本並べ、指でしごいてならしていきます。

これから先の工程も水引の並びを崩さないように意識しましょう。

輪っかを2つ作る

  1. 水引の端を交差し、輪っかを作ります。

    この時先端が左にくる方を上になるようにして下さい。

  2. 左の端を上から曲げて、①の輪から少しずらす感じで重ねます。

上端を3の輪に順に通していく

  1. 3の輪が崩れないように押さえながら、上にある端を持ち、下の端の上を通って下に持っていきます。
  2. 3で作った輪に下から交互にくぐらせていきます。

少しずつ順に絞めていく

端の輪から順に、少しずつ引っ張りながら水引を絞めていきます。

水引の並びが崩れないように注意して下さい。

これであわじ結びの完成です。

接着剤で固定し、余分な水引を切る

裏返し、水引の端を接着剤で貼り付けます。

乾いたら余分なところをカットします。

端を長めにカットしてしずく型にし、端をワニカンで挟んでもかわいいですよ。

パーツを組み立てる

今回はパールビーズを使ったイヤリングを作ります。

  1. 9ピンにパールを通し、余分な部分をカットしてから、先端をヤットコで丸めます。
  2. ①とあわじ結びをつなげます。

    9ピンのカンを開いてあわじ結びの中心の水引をすくいます。

    丸カンを利用して繋げると、揺れやすくなりますよ。

仕上げ


イヤリング金具と本体を丸カンでつなぎ、全体のバランスを整えたら完成です。

水引の長さや合わせるパーツを変えるだけで印象が大きく変わります。

着物の柄等にも合わせてアレンジしてみて下さいね。

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント