ずっと付けても痛くない!可愛い子供用ビーズイヤリングの作り方

P子P子
ハンドメイド

今回は、可愛い子供用ビーズイヤリングの作り方をご紹介します。

ノンホールピアスは、ピアスという名前から大人用に感じますが、お子様の耳にもフィットするイヤリングです。

ビーズの組み合わせを楽しんで作ってみましょう。

ノンホールピアスは痛くなりにくいので、イヤリングをずっと付けていると痛くなる大人の方も必見です!

必要な材料

Tピンに好きなビーズを数粒入れる

Tピンにお好きなビーズを数粒入れます。

Tピンが長く余る場合は、6〜7mm程度残るようにニッパーでカットしておきます。

先を丸ヤットコで丸める

Tピンの先を直角に曲げ、丸ヤットコを使って先を丸めてカンを作ります。

丸ヤットコの先端で作ると小さめのカン、付け根に行くほど大きめのカンになります。

大きくする場合はTピンをニッパーで切る工程で、長さを調整してくださいね。

ノンホールピアスに繋げる

ビーズを付けたパーツのカンを開き、ノンホールピアスに繋げます。

揺れやすくするため、丸カンで繋いでもOKです。

仕上げ

カンをしっかりと閉じたら完成です。

隙間ができないように、平ヤットコで押さえるといいですよ。

ノンホールピアスは耳に優しいだけでなく、見た目も目立たないのが良いですよね。

あまり重いパーツやパーツの数を多くすると、取れやすくなってしまうので気をつけてください。

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント