初心者さんにも分かりやすい がま口ポーチの作り方と失敗しないコツ

P子P子
ハンドメイド

ふっくらとした形がとてもかわいい、がま口ポーチ。

職人技でしか作れないと思われがちですが、100円ショップのアイテムで自作できてしまいます。

今回は初心者の方にもわかりやすい、がま口ポーチの作り方を詳しくご紹介していきたいと思います。

必要な材料

まずは必要な道具と材料を揃えます。

  • 布(表生地裏生地計2枚)
  • ※型紙によっては、1枚ずつでいいものもあります。使用する口金の型紙を確認して下さい。

  • 紙紐
  • 口金(型紙付き)
  • チャコペン
  • ペンチ
  • ボンド
  • ミシン
  • 目打ち

※口金を買う際の注意点※
口金はダイソーなど、100円ショップでも売られていてお手頃価格で購入できます。

多くは型紙つきで売られていますが、型紙が付いていないものもあります。

初心者が一から型紙を作るのは大変なので、必ず型紙つきの口金を購入しましょう。

今回は、ダイソーの円形の口金を使用します。

生地を裁断する

  1. 型紙に沿って裁断する

  2. 型紙通りに生地を裁断します。表生地2枚、裏生地2枚の計4枚を裁断します。

  3. 開け口に目印をつける

  4. 裏布にチャコペンで線を描き、開け口の目印を作ります。二箇所ほどまち針で留めてもいいです。

  5. 中表に縫う

  6. 表布と裏布を中表に合わせたものを作ります。開け口になる部分をそれぞれ縫い合わせます。

  7. 布を合わせて縫う

  8. 先ほど縫ったものを、表布同士と裏布同士にして中表に合わせます。

    表布側は残りの部分を縫い合わせます。裏布側は返し口を数cmほど残して縫います。

  9. 返し口を縫う

  10. 生地を表に返します。返したら、返し口を縫い合わせます。これで袋部分の完成です。

布に紙ひもを縫い付ける

  1. 紙ひもの長さを測る

  2. 口金の内側に長さを合わせて、紙ひもを切ります。もう一方も同様に切ります。

  3. 布に紙ひもを縫い付ける

  4. 袋の内側に手縫いで紙紐を縫い付けていきます。

口金の溝にボンドを入れる


口金の溝に少しずつボンドを入れていきます。

ボンドが少なすぎると、布がうまく押し込めません。

※注意するポイント※

ボンドはすぐ固まってしまうので、片側ずつ塗ることをおすすめします。

片側の布を入れてから、もう片方の口金にボンドを入れましょう。

口金の溝に布を入れる

  1. 布を押し込む
  2. 布を目打ちで溝に押し込んでいきます。

  3. 綺麗に完成させるポイント
  4. ここで浅く入れてしまうと、使っているうちに口金が外れてしまう原因になります。

    布を少し入れてから紙紐で押さえ込むと良いです。

    紙紐が見えなくなるまで、深く入れてください。

ペンチで押さえる

  1. 端をペンチで押さえる
  2. 溝に布が入ったら口金の端4か所をペンチで押さえます。

    押さえが甘いと布が外れる原因になります。

    この時、ペンチと口金の間に当て布をすると、口金の傷つき防止になります。

  3. 形を整える
  4. 口金についたボンドをきれいに拭き取り、形を整えたら完成です。

    紙紐がはみ出ている場合は、はみ出た部分をカットして下さい。

    玉部分の締まりが弱い場合は、当て布をした上で、玉部分をひねって調節して下さい。

  5. 完成のポイント
  6. 紙紐をずれないようにする

    布を口金の奥まで押し込む

    口金の端をしっかりと押さえる

    この三つのポイントを押さえれば、初心者の方でも簡単にがま口ポーチが作れますので、ぜひチャレンジしてみてください。

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント