浴衣や着物にも似合う!ちりめんを使ったつまみ細工ピアスの作り方

azaz
ハンドメイド

日本の伝統手芸の1つであるつまみ細工。

最近またじわじわと流行し、現代風にアレンジされた作品も増えてきています。

浴衣や着物に似合うので、お子様のひな祭りや七五三に合わせて作っている方も見かけます。

浴衣や着物を着るのは、特別な日であることが多いですが、そんな特別なシーンに手作りのアクセサリーを添えられたら嬉しいですよね。

今回は、定番のちりめんを使ったつまみ細工ピアスの作り方を紹介します。

必要な材料

  • ちりめん生地
  • 3cm×3cmの正方形が12枚。

    100均のダイソーにシールタイプのちりめん生地もあります。

    方眼もついているので、初心者の方にはオススメです。

  • パールビーズ
  • お好みの大きさで結構です。

    小さいものを使用する場合は、2~3個使用すると可愛いですよ。

  • 金具(ピアスパーツ)
  • 今回は平皿タイプのパーツを使用します。

    お好みのもので結構ですが、フックの場合は、丸カンでつないで下さい。

  • 厚紙
  • ボンド
  • 接着剤
  • ピンセット

裁断する

  1. お花パーツ
  2. 3cm×3cmの大きさで12枚カットしておきます。

  3. 土台
  4. 厚紙を直径2cmの円で2枚カットします。

    ちりめん生地は3cm×3cmで2枚カットし、角を丸く切っておきます。

花びらを作る

コツ

生地を折り合わせる時は、角と角をしっかりと合わせましょう。仕上がりに差が出ます。

  1. 正方形にカットした生地の裏面にボンドをつけ、三角形になるよう半分に折ります。ボンドは爪楊枝などですくってつけると、端まで綺麗に伸ばせますよ。

  2. 三角形の中心当たりをピンセットでつまみ、また半分に折ります。

  3. もう一度三角形の中心当たりをピンセットでつまみ、1枚ずつ外側から半分に折ります。

  4. 折り合わせた方の角それぞれにボンドをつけ、開かないようしっかりとくっつけます。

    この時ちりめんの端にもボンドを薄く塗っておくと、ほつれ防止になりますよ。

  5. 同じものをあと5枚作ります。

土台を作る

丸く切った厚紙に土台用のちりめん生地を張り付けます。

厚紙からはみ出た部分に適当な間隔で切り込みを入れます。

生地をボンドで張り付けます。

生地を軽く引っ張りながら張り付けていくと、きれいに仕上がりますよ。

お花を組み立てる

  1. 土台の厚紙が出ている方を上にして置き、厚紙部分にボンドを塗ります。
  2. 花びらの先端の両側にも少しボンドをつけ、1つずつ厚紙にのせてお花の形にしていきます。
  3. 対角の花びらを意識して組み立てていきましょう。お花ができたら、ピンセットでバランスを整えていきます。

※3~5を繰り返し、お花をもう一つ作ります。

金具を取り付ける

金具に接着剤を塗り、お花をくっつけます。お花の向きを左右揃えて下さいね。

仕上げ


お花の真ん中にボンドをつけ、パールビーズをのせます。

ビーズの穴が見えないよう注意して下さいね。

花びらのカーブの部分にふちができるよう、ピンセットの先を当てて形を整えていきます。

最後に全体のバランスを整えて完成です。

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント