ペットボトルキャップが変身♡裁縫の必需品♪かわいい針山の作り方

azaz
ハンドメイド

針山といえば、縫い針やまち針を刺して置いておく裁縫の必需品。

ただ、なくてもそんなに困らないので、敢えて買う必要もない。

でも、針を一番手軽に管理できるのはやっぱり針山、あったら絶対便利です。

家にある材料で、スイーツみたいな針山を作りましょう。

縫う場所も少ないので、裁縫初心者さんにもオススメです。

今回は、ペットボトルキャップで作るかわいい針山の作り方を紹介します。

必要な材料

  • ペットボトルキャップ
  • はぎれ
  • フエルト または リボン

    ペットボトルキャップに巻き付けます。はぎれやマステでも構いません。

  • 綿
  • 両面テープ
  • グルーガン または ボンド
  • はさみ
  • 定規
  • レースやビーズなどの装飾品

    土台のキャップにつけます。なくてもOK。

生地の裁断

  1. 針山用に、半径5cmの円にカットします。
  2. キャップ用のフェルト(リボン)をキャップ1周分+1cmでカットします。

    底面も必要であれば、型を取り、+1cmで裁断して下さい。

生地の端をぐし縫いし、綿を詰める

  1. 糸を二本どりし、生地の端から1cmのところをぐし縫いしていきます。
  2. 絞める前に、少しずつ綿を入れていきます。

    綿の量が少ないと、針がうまく刺さらないので、ぎゅんぎゅんに詰めましょう。

  3. 糸をきゅっと絞め、綿が落ちないよう、口を十字に縫って結びます。

キャップに接着する

  1. キャップの口にグルーガンをつけます。

    心配な方は、キャップの中にもグルーガンをつけておきましょう。

  2. 3で作った本体の形を整え、口を下にしてキャップに乗せ、乾かします。

キャップにフェルトを巻く

キャップ用にカットしたフェルトに両面テープを付け、貼り付けます。

底面にも貼る場合は、底から貼って下さい。

仕上げ

キャップの周りを装飾したら完成です。

この記事のテーマに戻る
はぎれでできる小物の作り方
ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント