ミシンがなくてもできる♪手縫いで作る、簡単巾着ポーチの作り方

P子P子
ハンドメイド

小物入れに便利な巾着ポーチが、手縫いできてしまうのをご存知ですか?

今回は、わざわざミシンを押入れから出さなくても作れる、手縫いの巾着ポーチの作り方を紹介します。

必要な材料


必要な材料と道具は次の通りです。

  • 布(表地、裏地の2種類)
  • アクリル紐(中太)
  • ゴム紐通し
  • 手縫い用針
  • マチ針
  • チャコペン
  • 定規
  • アイロン

生地の裁断

まず、作りたい大きさに合わせて生地を裁断していきます。

今回は一番簡単な裏地つきマチ無しの巾着ポーチの裁断方法の作り方を中心に解説していきます。

  1. 生地の計測方法
  • 表布の柄に上下の向きがない場合
  • 裁断する布の幅と高さはこのように計算します。

    横幅 作りたい幅+縫い代2㎝

    縦 (作りたい高さ+縫い代3㎝)×2

    これを裏表各1枚作ります。

  • 表布の柄に上下の向きがある場合
  • 向きがある場合、裏布はaの大きさと同様で構いませんが、表布は下記の大きさで裁断します。

    (表布)
    横幅 作りたい幅+縫い代2㎝

    縦 作りたい高さ+縫い代4㎝

    これを2枚作ります。

  • 生地を裁断する

  • 布の裏にチャコペンで、作りたい大きさに線を引きます。線に沿ってまっすぐ布を断ちます。

  • 注意点
  • 市販の布には耳がありそれに沿って布目ができています。必ず布目に沿って裁断しましょう。

    表布の縫い合わせ(生地に上下がある場合のみの工程)


    ※表布の柄に上下の向きがある場合、表布と裏布を縫い合わせる前に、表布の底部分を縫い合わせて、つなげておく必要があります。

    1. 表布を中表に合わせて、四隅をマチ針でとめます。(柄の上下に注意)
    2. 下から1㎝のところにチャコペンで線を引きます。
    3. 線に沿ってなみ縫いします。最初と最後に返し縫いをすることを忘れないようにしましょう。

    表布と裏布の縫い合わせ

    1. 布を中表に合わせる

    2. 表布と裏布を中表に合わせます。

      布の上下(巾着の入れ口になる部分)1㎝のところにチャコペンで線を引きます。

    3. なみ縫いする

    4. 線に沿ってなみ縫いしていきます。最初と最後に返し縫いをすることを忘れないようにしましょう。

    5. 縫い代をアイロンで割る

    6. 縫った部分が中心を縦に入るように生地を開きます。縫い代をアイロンで割ります。

    両サイドを縫う

    次に、巾着の両サイドになる側を縫っていきます。

    1. 表布と裏布をそれぞれ二つ折にする

    2. 3で縫い合わせた部分を中心に、表布と裏布をそれぞれ二つ折にし、所々ずれないようにマチ針でとめておきます。この時、裏布が上にくるようにしましょう。

    3. 紐通し口、返し口を決める

    4. 紐通し口と返し口の目安をチャコペンで書いておきます。

      紐通し口  縫い合わせた部分(表布の上)から2㎝
             ※両サイド

      返し口  上(裏布の底になる部分)から6㎝

      この大きさを目安に作ってください。

    5. なみ縫いをする

    6. 紐通し口、返し口以外の部分をなみ縫いします。

      最初と最後に返し縫いするのを忘れないようにしましょう。

    7. 縫い代をアイロンで割る
    8. 縫った部分が中心を縦に入るように生地を開きます。縫い代をアイロンで割ります。

    表に返し紐通しを縫う

    1. 表に返す
    2. 返し口から、布を少しずつ引っ張りだして生地を表に返します。

      紐通し口の入り口部分を綺麗に整えてください。袋の角も針で引っ張って整えます。

    3. 返し口をコの字縫いをする
    4. 返し口を縫い目が見えないコの字縫いにして閉じます。

      コの字縫いが難しいと感じる人は、縫い目が見えてもいい裏布なので、なみ縫いでも大丈夫です。

    5. 紐通し部分を縫う
    6. 裏布をひっくり返しながら、表布の中に入れます。

      巾着の口から2㎝部分にそれぞれチャコペンで線を引き、線に沿ってまっすぐなみ縫いします。

      始めと終わりの結び目は、中に隠れるように縫うと良いでしょう。

      紐通し口の縫い代が表に出るのが気になる方は、ここもなみ縫いしておきましょう。

    紐を通す

    ゴムひも通しで、紐を通していきます。

    1. 紐の長さを測る
    2. 紐を適切な長さに切っていきます。長さの目安は次の通りです。

      (巾着の横幅×2)+8cm

      今回は両側に紐があるパターンなので、これを2本切ります。8cmはひもの結び目の分の長さです。

    3. 紐を通す
    4. 紐通し口からゴム紐通しでひもを通します。中でねじれないように注意してください。

      両側にひもを通し結んだら完成です。

    仕上げ


    出来上がったら、アイロンで形を整えると素敵ですよ♪

    なみ縫いとコの字縫いだけで巾着ポーチの完成です。特別な技術は必要ありません。

    初めは小さめのものでチャレンジしてみてください。

    この記事のテーマに戻る
    収納力のあるかわいい布小物
    ハンドメイド
    Howpon[ハウポン]

    コメント