浴衣にも似合う!ちりめんと紐を使った簡単和風リボンの作り方

knock.02knock.02
ハンドメイド

今回は針を使わず、貼り付けていくだけの簡単な和風リボンの作り方を紹介します。

ちりめんと紐を使うので、和装や浴衣にもとっても似合いますよ。

必要な材料

ちりめんをカットする

ちりめんは、リボン本体になる部分と帯になる部分を用意します。

リボン本体は作りたいリボンの大きさや幅×2に縫い代2cmをプラスしてカットしましょう。

帯部分は7×5の大きさでカットします。

作るものに合わせてサイズを調節してくださいね。

上下の端に両面テープを貼り折りたたむ

リボン本体の生地は、上下の端に両面テープを貼り付け、真ん中に向かって上下を折りたたみます。

帯の生地は、長辺に両面テープを貼り付け、下から3つ折りにしておきます。

左右の端に両面テープを貼り折りたたむ

生地の左右の端に両面テープを貼り付け、真ん中に向かって折りたたんでいきます。

真ん中で少し重ねるようにすると、取れにくくなって安心です。

布の真ん中を谷折りして、両サイドを山折りする

リボンの真ん中を谷折りし、両サイドを山折りしてタックを作ります。

組紐をリボンの大きさに合わせて蝶々結びしておきましょう。

糸で真ん中を縛る


タックを作ったリボンと結んだ組み紐を重ね、真ん中を糸で縛ります。

ぐるぐるときつく巻き付けたら引っ張って糸を切ります。

最後に帯を付けるので、結ばなくても大丈夫です。

仕上げ

リボンの真ん中に帯を巻き付け、巻き終わりをグルーガンで留めます。

帯の長さは、巻きながら余分な所をカットして調節してください。

バレッタ金具にグルーガンでリボンを貼り付けて、完成です。

ちりめんのリボンを重ねてボリュームを出したり、ちりめんの色合いや組み紐との組み合わせを楽しんだり、様々なアレンジができるリボンです。

とても簡単なので、裁縫に自信がない方や子どもさんでも作ることができます。

ぜひ、一度作ってみてくださいね。

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント