運動会やピクニックに♡家族分入る簡単仕切り付きカトラリーケースの作り方

azaz
カトラリーケース ハンドメイド

運動会やピクニックに行くとき、家族分のカトラリーを用意するのって大変ですよね。ケース付きのものを持って行ったときは、後片付けも大変。

でも家族分入るカトラリーケースがあれば、準備も後片付けも楽ラクで、一目で何が入っているか分かるので、忘れ物の心配もなし。

使った後は、カトラリーを抜いて、洗濯機にポイっとするだけで済みますよ。

今回は、家族分入る簡単仕切り付きカトラリーケースの作り方を紹介します。

必要な材料

  • 生地  表地(仕切り側)・裏地 22×19.5
  • ポケット用生地 12×19.5
  • ※今回はポケットが7個のものを作ります。(作りたいポケットの数×2.5)+2cm

  • ひも
  • ミシン
  • 場所をとらないハンドミシンもおすすめです!

  • はさみ
  • チャコペン

ポケット用の生地の上を1cm折り返して縫う

ポケット用の生地の上を1cm折り返します。端から2~3mmのところをミシンで縫います。

表地にポケット用の生地を合わせて仕切りをつける

  1. 表地の下にポケット用の生地を合わせ、ズレないように留めておきます。
  2. 両端縫い代1cmとって、2.5cmごとに印をつけます。
  3. 印のところを直線縫いして仕切りを付けます。

中表に合わせて返し口を残して縫う

  1. 表地と裏地を中表に合わせ、ポケットの上部あたりに二つ折りした紐を挟みます。
  2. 返し口を残して、縫い代1cmで1周縫います。角を三角形に切り落とします。

表に返してステッチをかける

  1. 生地を表に返します。
  2. 端から2~3mmのところにステッチをかけます。返し口も一緒にとじます。
  3. 仕上げ

    1. 生地の上をポケットのあたりまで折り返し、わになっている部分にステッチをかけます。
    2. クルクル巻いて、ひもを巻き付けたら完成です。
この記事のテーマに戻る
収納力のあるかわいい布小物
ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント