キャンプにもおすすめ!収納力たっぷりのカトラリーケースの作り方

azaz
ハンドメイド

夏休みも始まり、キャンプやBBQの楽しい時期になりました。キッチン用品はどのように持っていきますか?

あちこち散らばってしまったり、荷物に埋もれてしまったりしませんか?そこで便利なのがカトラリーケース。

ひとまとめにしておけるのはもちろん、そのまま吊るして配置できるので、探す手間も省けてとっても便利。片付けるにもクルクル巻くだけなんです。

今回は、収納力たっぷりのカトラリーケースの作り方を紹介します。

必要な材料

ポケット部分の布の処理をする

  • ポケット大

    上辺を1cm折り返してミシンで縫います。

  • ポケット小

    上辺を1cm折り返してミシンで縫います。

  • 押さえ紐

    半分に折り、端を1cmずつ中に折り込んでミシンで縫います。

ポケット部分の布を縫い合わせる

  1. 裏地を表を上にして置き、裏地の下に合わせてポケット大・小を重ねます。
  2. 両端を縫い代5mmで縫います。(仮縫いでもOK)
  3. 押さえ紐を好きな位置に合わせ、両端を裏地に縫いつけておきます。

    (菜箸や木べらなど、長いものが倒れないようにするための押さえになります。)

仕切りを作る

  1. 下のポケット部分に仕切りをつけていきます。好きな幅で仕切りを作って下さい。
  2. 押さえの部分も2~3か所縫います。

仕切りが縫い終わるとこんな感じになります

紐を挟んで表地と裏地を縫い合わせる

  1. 表地と裏地を中表で合わせて、サイドの中央に紐を挟みます。
  2. 返し口を残して、縫い代1cmで縫い合わせます。
  3. 四隅は三角に切り落としておきましょう。

表に返してステッチをかける

返し口から表に返します。端から2~3mmのところにステッチをかけて、返し口も閉じていきます。

仕上げ

半分に折って、綺麗に巻いたら完成です。

お好みで、ハトメをつけたり、紐をつけたりして下さいね。

引っかけられるようにしておくと、アウトドアの際に便利ですよ。

この記事のテーマに戻る
収納力のあるかわいい布小物
ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント