バネ口だから、取り出しも簡単♪ペンケースにもなるバネ口ポーチの作り方

azaz
バネ口ポーチ ハンドメイド

最近は100均でバネ口も購入できることをご存知ですか?

バネ口と言えば、片手でさっと開け閉めできるから取り出しも簡単♪その上、蓋もきちんと閉まるので中身を落とす心配もありません。

小さな消しゴムや細いペンを入れるペンケースにはピッタリです。

今回は、ペンケースにもなるバネ口ポーチの作り方を紹介します。

必要な材料

バネ口ポーチ.

  • 生地 表地 41×12
       裏地 47×12
  • バネ口 (今回はセリアのバネ口10cmを使います。)
  • ミシン
  • 場所をとらないハンドミシンもおすすめです!

  • はさみ
  • チャコペン
  • 定規
  • ペンチ

中表で合わせて端を縫う

生地を横長になるように置きます。

表地と裏地を中表に合わせて、縫い代1cmで両端を縫います。

バネ口通し部分と返し口を開けて上下を縫う

  1. 2で縫った部分が中心にくるように二つ折りします。
  2. 裏地の堺から3cmのところに印をつけます。(バネ通し)

    返し口も中間にとり、印をつけておきます。(5cm)

  3. バネ通し部分と返し口を残して、布の上下を縫い代1cmで縫います。

    縫い代は、表地側に倒して縫いましょう。

マチを作る

  1. 表地と裏地の底に4cmのマチを作って印をつけます。
  2. 線の上をミシンで縫って、余分な部分をカットしておきます。

表に返す

  1. 返し口から表に返します。
  2. 返し口をミシンでとじます。(気になる方はコの字縫いでとじて下さい。)

バネ口通し部分の下を縫う

裏地を表地の中に入れ、上から2cmのところを1周縫います。

裏地が上に1,5cm出る形になります。

バネ口を通す

バネ口を開いて、バネ通し部分に入れます。

仕上げ

付属の金具を差し込み、ペンチで押さえたら完成です。

ハンドメイド
Howpon[ハウポン]

コメント